2016年9月21日

DAY 1

2016/12/02 – Business Day (DAY 1)
track A (通訳有) track B
9:00 – 10:00 受付
10:00 – 10:10 (10 分) オープニングスピーチ
10:10 – 10:55 (45 分) PostgreSQLプロジェクトの歴史
Peter van Hardenberg
Salesforce.com
キーノート
10:55 – 11:40 (45 分) アリババクラウド(阿里雲: Aliyun)における中国PostgreSQL事情
萧少聪
Alibaba Cloud
キーノート
11:40 – 13:00 (80 分) 昼休み
13:00 – 13:45 (45 分) PostgreSQL開発者によるPostgreSQL 9.6徹底解説
澤田 雅彦
NTT OSS センタ
ハッキング
ミッションクリティカルシステムへのPostgreSQL適用に向けた日立の取組み
稲垣 毅
日立
ケーススタディ
*後日含め、資料公開の予定がありません
13:45 – 14:00 (15 分) 休憩
14:00 – 14:45 (45 分) PostgreSQLのパラレル・クエリー
Amit Kapila
Enterprise DB
ハッキング
なぜ、今PostgreSQLなのか
 ~ 富士通の取り組みご紹介 ~

山本 明範 / 樋口 大輔
富士通
ケーススタディ
14:45 – 15:15 (30 分) コーヒーブレイク
15:15 – 16:00 (45 分) TantanでのPostgreSQL事例 – 2年で0から350billion rowへ
Victor Blomqvist
Tantan
ケーススタディ
PL/CUDA – HPC級の計算能力をIn-database統計解析へ
海外 浩平
NEC
ハッキング
16:00 – 16:15 (15 分) 休憩
16:15 – 17:00 (45 分) 大規模社会インフラへのPostgreSQLの適用事例
丹治 邦夫 / 石井 愛弓
中国電力 / NTT データ
ケーススタディ
PostgreSQLへのマイグレーション
Venkata B N
Sr. PostgreSQL Consultant
マイグレーション
 
 


PostgreSQLプロジェクトの歴史

12/02 10:10 – 10:55

概要
PostgreSQLプロジェクトは25年以上もの長い歴史があります。
本セッションでは、歴史を振り返りながら開発に貢献してきた開発者たちがプロジェクトに関わったきっかけやどのような活動を行っているのかをご紹介し、PostgreSQLがDBMSとして成熟してきた理由や今後どういう方向に行こうとしているのかということをお伝えします。
peter_van_hardenberg

講演者
Peter van Hardenberg
Salesforce.com, Canada
pvh@pvh.ca

プロフィール
Heroku Postgresチーム創設メンバーのひとり。北極海沖の研究データを収集する傍ら、任天堂3DS用ゲームの物理エンジンの製作やHerokuで数々の開発に携わる。


プレゼンテーション: 英語
スライド: 英語


アリババクラウド(阿里雲: Aliyun)における中国PostgreSQL事情

12/02 10:55 – 11:40

概要
中国PostgreSQLユーザーグループは2011年から毎年全国レベルの技術的会議を開催していて、今年の10月で7回目となりました。
Aliyun (阿里雲)は2015年6月にApsaraDB for RDS (PostgreSQL)というデータベースサービスをリリースしました。これは現在のところPostgreSQL、PPAS、Greenplumの3つのデータベースエンジンをサポートしています。RDSベースのクラウドプラットフォームを提供する以外に、MySQLからPostgreSQL/Greenplumへデータをレプリケートするユーザーのために”dbsync”をオープンソースプロジェクトとしてGitHubで公開しています。
PostgreSQL20周年の今、私の話を通して皆さまが中国のPostgreSQLコミュニティを知り、また私達が世界と一体となれれば良いなと考えます。

scot_siu
講演者
萧少聪
Alibaba Cloud Company(Aliyun.com), China
shaocong.xsc@alibaba-inc.com

プロフィール
PostgreSQL中国ユーザーグループの創設者・コアメンバー。
2015年からアリババクラウド (Aliyun.com) に所属し、現在プロダクトディレクターとしてPostgresプロダクトチームを率いる(PostgreSQL, PPAS, Greenplumを含む)。

プレゼンテーション: 英語
スライド: 英語


PostgreSQL開発者によるPostgreSQL 9.6徹底解説

12/02 13:00 – 13:45 @ Track A
masahiko_sawada
概要
PostgreSQL開発者が、PostgreSQL 9.6で導入される主な新機能について、開発の裏側を含め徹底解説します。

講演者
澤田 雅彦
NTT OSS センタ
sawada.mshk@gmail.com
Twitter
LinkedIn



プロフィール
NTTオープンソースソフトウェアセンタ勤務。
入社時からデータベースエンジニアとしてPostgreSQLの機能開発、技術支援を行ってきた。
PostgreSQL 9.6ではFreeze Map、マルチ同期レプリケーションを開発し、現在はFDW、レプリケーション機能強化行っている。

プレゼンテーション: 日本語
スライド: 英語


ミッションクリティカルシステムへのPostgreSQL適用に向けた日立の取組み

12/02 13:00 – 13:45 @ Track B

概要
日立はこれまで、ミッションクリティカルシステムに求められる要件を満たすため、メインフレームやデータベースを開発し、お客さまのニーズに応えてきました。
本セッションでは、お客さま対応を通して日立が学んだミッションクリティカルシステムでの要件とPostgreSQLが実現可能な要件とのギャップ、ギャップを埋めるための日立の取り組みをご紹介します。
t_inagaki
講演者
稲垣 毅
日立
tsuyoshi.inagaki.ej@hitachi.com

プロフィール
株式会社日立製作所 OSSソリューションセンタ勤務。事業へのOSS活用を推進しており、現在はPostgreSQLやMySQL、MongoDB といったOSS-DB案件への技術支援やサポート業務を担当している。2013年からPostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアムに参加し、PostgreSQLの検証活動や広報活動を行うことで、 エンタープライズ領域への普及促進に努めている。

プレゼンテーション: 日本語
スライド: 日本語 または 英語


PostgreSQLのパラレル・クエリー

12/02 14:00 – 14:45 @ Track A

概要
このセッションでは、9.6のすべてのパラレル・クエリー機能と10.0及び、今後のバージョンでの追加機能予定についてお話しします。
さらに、パラレル・シーケンシャル・スキャンとパラレル・ジョインについて、ユーザーに有効なケースとそうでないケースを交えてご紹介します。
また、パラレル・クエリーとパラレル化計画で実施された最適化でユーザが設定する方法についても説明します。
最後にパラレル・クエリーで有用な、TPC-Hクエリーの情報を共有します。

amit_kapila

講演者
Amit Kapila
Enterprise DB
amit.kapila16@gmail.com

プロフィール
Amit Kapilaは、EnterpriseDB社のシニア・データベース・アーキテクトでオープンソースのPostgreSQLとEDB Postgres Advanced Serverの両方のために働いています。
16年のキャリアでPostgreSQLだけではなく、Oracleについても開発の深い専門知識を持っており、インハウス、インメモリデータベースの様な特定の技術領域でも深い専門知識を持っています。
Amit Kapilaは、PostgreSQLの開発と新機能の企画に積極的に参加しています。
過去には、インテグレティング・インメモリー ストレージエンジンの開発で働き、Redo-ReplicationソリューションをPostgreSQLのベースコードに統合しました。
また、ステートメント・キャッシングにより、Oracleパフォーマンスの向上も行なっています。

プレゼンテーション: 英語
スライド: 英語


なぜ、今PostgreSQLなのか
 ~ 富士通の取り組みご紹介 ~

12/02 14:00 – 14:45 @ Track B

概要
高価な商用データベースを利用する時代から適材適所で自由にデータベースを選ぶ時代へ変化しています。
富士通は、PostgreSQLを活用したデータベースでオープン性を強化し、お客様と新たなイノベーションを共創しています。
本セションでは、PostgreSQL適用に向けた富士通の考え方とその取組みについてご紹介します。
 - 富士通がPostgreSQLを活用する理由
 - エンタープライズ利用に向けた富士通の取組み
 - コミュニティへの貢献に向けて
yamamoto
講演者 1
山本 明範
富士通
akinori@jp.fujitsu.com

プロフィール
2005 年に富士通ハイパーソフトテクノロジから富士通へ転社。
富士通製 RDBMS「Symfoware Server」の開発に従事。
2006年より、PostgreSQL を含む製品の開発、技術支援に携わり現在に至る。
2013 年からは、PostgreSQL エンタープライズ・コンソーシアムにも参加し、ミッションクリティカル性の高いエンタープライズシステムに向けた PostgreSQL 普及に尽力している。


higuchi
講演者 2
樋口 大輔
富士通
higuchi.daisuke@jp.fujitsu.com

プロフィール
2014 年に富士通へ入社。
PostgreSQL をベースにした富士通のデータベース製品「Symfoware Server」や「FUJITSU Enterprise Postgres」の開発に携わる。
COBOLプログラム用の埋め込み SQL プリプロセッサやデータの秘匿化機能の開発に携わり、富士通独自の PostgreSQL 周辺機能として提供している。
2016 年からは、PostgreSQL コミュニティにおいても活動中。


プレゼンテーション: 日本語
スライド: 日本語


TantanでのPostgreSQL事例 – 2年で0から350billion rowへ

12/02 15:15 – 16:00 @ Track A

概要
Tantanは、中国と東アジア(近日リリース)のAndroidとIOS用のデートアプロケーションです。
2014年の初夏からスタートし、PostgreSQL上に350billion以上のrowを格納するまで成長しました。
4百万の日々のユーザーは、ピーク時、約500kのデータベースリクエスト/秒を、150以上の分散サーバーに生成します。
このセッションでは、TantanのバックボーンのPostGIS formsとPostgeSQLがどの様に動作しているのか、私たちのワークロード、ハードウェア、ソフトウェア及びチャレンジと、私たちのカスタムなシャーディングソリューションについてご紹介します。
前回は、TantanでPostgreSQLをどの様に利用しているかをお話ししましたが、今回はより広い視野でのお話をさせていただきます。

victorblomqvist

講演者
Victor Blomqvist
Tantan, China
blomqvist@p1.com

プロフィール
Victorは、現在、データとアルゴリズムをデートアプリ運営会社Tantanでリードしており、開発からPostgreSQLデータベースマネージメントの全域に渡って担当しています。
Vectorは、オリジナルな開発チームメンバーであり、Tantanとともに急速な成長とチャレンジに直に携わってきた経験を持っています。

プレゼンテーション: 英語
スライド: 英語


PL/CUDA – HPC級の計算能力をIn-database統計解析へ

12/02 15:15 – 16:00 @ Track B

概要
本セッションでは高度な解析系ワークロードをデータベースシステム上で実行する新しい手法について紹介します。
PL/CUDA 機能は高度に計算集積的なワークロードを SQL 関数として記述し、それを数千プロセッサコアを有する GPU デバイス上で実行する事を可能にします。
また、創薬分野における PL/CUDA を用いた類似度検索の成功事例についても紹介します。
kaigai_profile

講演者
海外 浩平
NEC
kaigai@ak.jp.nec.com

プロフィール
海外浩平は、PostgreSQLの開発に10年近く携わっており、セキュリティ、FDW、pluggable planner/executorなどの領域で貢献しています。
彼はまた4年前にPG-Stromプロジェクトを立ち上げ、最新のヘテロジニアスコンピューティング手法を用いたデータベースワークロードの最適化に取り組んでいます。
今日では、このOSSプロジェクトを推進すると共に、本技術の事業化に向けた社内スタートアッププロジェクトを主導しています。

プレゼンテーション: 日本語
スライド: 日本語および英語


大規模社会インフラへのPostgreSQLの適用事例

12/02 16:15 – 17:00 @ Track A

概要
中国電力のスマートメータ運用管理システムは、中国地方の約500万の家庭の電力使用量を管理する、大規模社会インフラシステムです。
このシステムは、24時間365日安定稼働しなければならないシステムであるのと同時に、30分毎に500万の家庭から飛んでくる電力情報1000万件を10分間で処理しなければならないという厳しい性能要件が課せられています。
この大規模社会インフラにPostgreSQLが選ばれた理由や、選定にいたるまでの検討、取り組みについてご紹介します。
tanji_kunio
講演者 1
丹治 邦夫
中国電力

プロフィール
1981年4月に中国電力入社。
配電部、販売事業本部、エネルギア事業本部を経て、情報通信部門(情報システム) に配属。
2010年6月より情報通信部門部長(情報システム) として情報システム関係業務を統括し、2013年6月より執行役員・情報通信部門部長(情報システム)に就任し、現在に至る。


ishii_ayumi
講演者 2
石井 愛弓
NTT データ
ishiiaym@nttdata.co.jp

プロフィール
2014年にNTTデータ入社。
学生時代から関心のあったOSS-DB分野への参画を希望し、PostgreSQLチームに配属。
以降、PostgreSQLの研究開発や技術支援に従事。


プレゼンテーション: 日本語
スライド: 日本語および英語


PostgreSQLへのマイグレーション

12/02 16:15 – 17:00 @ Track B

概要
Oracle/SQL Serverの様なエンタープライズデータベースからデータベース・アプリケーションのPostgreSQLへ、リアルタイムマイグレーションチャレンジ。

venkata_b_n

講演者
Venkata B N
Sr. PostgreSQL Consultant
nag1010@gmail.com

プロフィール
シニア・ベータベース・コンサルタントとして、10年以上の経験を持ち、現在はシニアPostgreSQLコンサルタントとして従事。

プレゼンテーション: 英語
スライド: 英語


* プログラムが変更されました。